鹿歯技日和

お知らせのページ
TOPお知らせ概要支部案内入会案内リンクなんでも掲示板お問い合わせ
カテゴリ
新着コメント
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
WEATHR NEWS
リンク
サイト内を検索

過去の記事
サイト管理者
OTHERS

THANK YOU FOR VISITING
   SINCE 2009.7.20

  
<< 第7回定例役員会 | main | 加藤先生の総義歯セミナー2009 >>
平成21年度鹿児島県技工士会生涯研修のご報告
今年度最初の生涯研修が11月1日午前10時定刻に開催されました。今回の出席者は会員30名会員外6名歯科学院生38名この引率の先生2名合計約75〜6名の方々が参加してくださいました

1.「桜島の海へ」出羽 真一氏
内容
錦江湾の海は汚れているというイメージがあるが、それほどでもない。
この湾は湾の入口が狭い割には深い海というのは世界的にも珍しいとの事。東京湾の全体の7割が水深20メートルであるのに対し錦江湾は15%しか無く火山地帯が影響しとても深いとの事。2万5千年前の大地の変化によるものであるという。
また黒潮がトカラ列島、屋久島,志布志沖を流れて、数年毎にこの湾に流れ込むためたくさんの魚が存在するとのこと。イルカもおり先日100頭程見かけたとの事。
ひじき ほんだわら なども沢山生息しているとの事。ヒメジンコ、タツノオトシゴ、ハゼ、エビ、イソギンチャク、サンゴ、フグ、クマノミ、オニヒトデ、等のきれいなスライドの写真を紹介しながら近年の海水の温暖化で数が少なくなって来ていると警鐘をかげかけられました。また錦江湾の深海には珍種の魚が発見されているとのことです。
最後に「美しい錦港湾を明日の世代へ桜島町」というスライドを紹介し洗剤など気を付けて下水に流しましょうとの事でした。
会員より:桜島が島になったら潮流はどうなるかとの質問あり、おそらく激しい潮流でそこにたまったヘドロが数年間にわたり流れ養殖業もなりたたないでしょうとのことでした。
また:鹿児島市と桜島を橋でという計画があるが実現しそうかとの質問に砂地が50メートルでそこから岩盤を掘るのは難しいのではとのことでした。以上かいつまんでご紹介しました。

2.「エステティックデンチャー より自然に美しく」明田 喜仁氏(株アイキャスト
まずプラステイクスは93種類あり熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂に別れるとの事。以下詳細は後日学術担当より説明あり。

3.「カスタムアバットメントの作り方」井上 浩一氏
 鹿児島市で技工所を開業されている会員である井上さんより出席している学生さんにも解りやすいように講演されました。詳細は後日学術担当より説明あり。















以上、広報担当からのご報告をWeb担当がアップいたしました。
 | Web担当 | comments(1) | trackbacks(1) | 2009.11.02 Monday 08:34 |
コメント
saru (2009/11/02 9:46 PM)
すごい参加者人数ですね!







トラックバック
url: http://blog.kashigi.sunnyday.jp/trackback/795577
平成21年度鹿児島県技工士会生涯研修
鹿児島県歯科技工士会ホームページ情報から引用です http://kashigi.sunnyday.jp/index.html
| 歯科技工かごしま | 2009/11/04 11:26 AM |